キャッシングに関するコラム

学生がキャッシング利用で親バレしない方法とおすすめの消費者金融

更新日:

「こんなにバイトしてるのにどうしてお金がないんだ」

私は学生のとき、いつもこう思っていました。

月5〜6万しか稼いでいないときも、月30万稼いでいるときも、なぜかつぎの給料日にはほぼ0円という生活でした。

ネットとかで調べても「現金で購入する資金も貯められないなら買う資格ない」という厳しい回答が知恵袋で見つかるのみでした…。

自我を改めるためのそういう説教じみた言及がほしい方は、他のサイトへ行きましょう!山ほどあります。

ここは「そんなのいーからお金を借りられる情報を教えてくれればいいのに!」という方のためにあるページです。

友達には恥ずかしくて借りられないし、親には生活費や学費で負担かけてるしで、頼るところも限られてきます。

何も言わず黙ってお金貸してくれる人いないかな…。

だって使い道とか言いたくないですし、後になって「あのときお金貸したよね」とか言われたくないし、そういう精神衛生面で良い手段がカードローンなどのキャッシングでした。

読んでいるヒマもないぐらい急いでいる方は、プロミスSMBCモビットに申し込むことをおすすめします。

SMBCモビットで10秒簡易審査してみる

学生にとって出費が足りなくなる5つのシーン

お金のない学生

勉強に部活・サークルに飲みなどの遊び。学生って、お金かかります。

病院代・教科書代は親が出してくれるケースがほとんどですし、車やバイクは親が買ってくれる家庭も多かったり、販売会社の保証会社と提携してローンを組むことが多いのでキャッシングを利用する機会はないかもしれません。

学生は社会人と違って固定費はありませんが、変動費にすごくお金がかかるんですよね。

どのようなシーンで手持ち以上のお金が必要となるか、借りてまで必要なのか、そして返す見込みがあるかなど、様々な要素を加味したうえであればキャッシングを利用するべきだと思っています。

飲み会

大学生であればなおさらですが、20歳を超えると飲み会にいく機会が出てきます。

サークルの集まりだったり、同級生との飲み、中学や高校のツレとの飲み、バイト先での飲み会。
とにかく飲み会が多いです。

1回飲みにいくと大体3,000円。カラオケなどの2次会があると一日で5,000円以上のお金が動きます。
1回の出費が数万円などの単位ではないからこそ、給料日前に枯渇しやすいです。

しかも、「大事な飲み会の日なんだ…!」って日に限ってお金がピンチだったりすることがよくあります。

上司や先輩との場であれば「いまちょっとお金余裕ないんで…」と断ればおごってもらえる可能性もありますが、後輩や女の子との飲み会だと少し多めに払うケースもありますね(^^;A

家電製品

一人暮らしのイメージ図

 

大学生になって落ち着くころや、キャンパスが変わる3年生、あとは専門や短大を卒業するタイミングを機に、実家を出て一人暮らしすることが多いです。
しかし家電を購入するとなると数万円単位のお金が動きますから、生活費が苦しくなってしまいます。

「冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、掃除機」は必須とも言える家電製品ですから、安物で揃えたとしても10万円弱のお金がかかります。

知恵袋をみるとこのような悩みがとても多いのですが、「お金を借りなきゃ揃えられないなら自立するときじゃないだろ。一括で買う余裕が出てから一人暮らしをしろ。」という厳しいコメントばかりを見かけます。

私も一理あるとは思いますが、はじめての一人暮らしというのはすごく新鮮で、「かわいい家具で揃えたい」、「オシャレな部屋にしたい」という欲から、みすぼらしいものを買えなかったする気持ちもよくわかります。

とくに若い年齢の時間はとても貴重ですから、浪費癖がなく毎月安定した収入があるならば、無理に先延ばしにしなくてもいいような気もします。

デート

デート風景

これはもうプライドとの戦いですね。

すでに交際をしていて「ちょっといまお金ないから」と断りを入れて、安く済ませる方法もあります。
しかし、付き合う前の段階であればそんなこと言えたもんじゃありません。(あくまで個人的にです)

なぜかと言うと、ただのデートの日に貧困状態にあると

 

  • 「この人浪費癖あるのかな…。」
  • 「付き合ったらお金貸してと言われないかな…。」
  • 「誕生日とかのプレゼントは期待できないかな…。」
  • 「遊び人なんじゃないかな…。」

相手の人がこのような不安を抱えるのも無理ありません。

恋愛というのはタイミングが大事になってくる場面が多々ありますので、意中の相手がいる際には常に金銭的な余裕を持っておきたいです。

運転免許

 

このご時世ではあまり求められませんが、就職には免許があったほうが得です。
あるに越したことはないです。

周りには親に教習代を出してもらって、挙句には車も買ってもらうなんて子もいましたが、うちにはそんな環境はありませんでした。

私は都内だったので車の購入はしませんでしたが(免許は取りました)、バイクを所持しています。
ちょうど20歳のころに栃木の免許合宿に参加しましたが、費用は10万円弱でしたね。

バイクは高価な買い物なので、免許だけ取って本体を持っていないという方が結構います。

私はそのような状況になりたくなかったので、バイクを購入してから合宿へ行きました(笑)

旅行

私は大学ではなく専門学校を出ているので、卒業タイミングが周りの友達と合わなかったのですが、友達が大学を卒業するタイミングで一緒に卒業旅行へ行きました。

社会人2年目だったのですが、急なお誘いだったことと、貯蓄をしていなかったために、旅行へ行くほどの(しかも海外でした)金銭的余裕はありませんでした。

しかし普段から仲良くしている友人だったため、断るのも勿体なく感じ、情けない話ですが結局お金を借りてまで行ってしまいました…。

それでも後悔はしていませんし、行ってよかったなと思っています。
いまでもすごく良い思い出でそのメンバーとの付き合いは続いています。

学生がお金を借りるための2つの条件

さて、学生がカードローン会社からお金を借りるための条件は2つあります。

これは絶対条件で、隠蔽したりしてくぐり抜けることは決してできません。

そんなに難しい条件ではないので以下2点に当てはまる人は、自信をもって審査を受けていただればと思います。

20歳以上であること

世間では学生でも借りられるというキャッチフレーズを大きく謳っていますが、20歳未満の人は利用することができません。
つまり未成年はカードローンを利用できないのです。

大学や専門にあがりたての人や高校生なども対象外です。
もちろん、社会人であったとしてもダメです。

なぜかと言うと、未成年が交わした契約は法定代理人(両親など)の同意がなかった場合には取り消すことができるからです。

金銭の貸し借りをなかったことにされたら、貸す側としてはたまったもんじゃありませんよね。

まれに中堅(世間に名の通っていない)の消費者金融で18歳や19歳でも借りることができる会社がありますが、独自のルールを持っていたり、なかなかネット上に情報がないので充分に注意していただきたいと思います。

※裏技として、18歳や19歳の未成年でもクレジットカードを作ってキャッシングをする方法があります。

>>楽天カードのお申込みはこちら

収入があること

わざわざ言うまでもないかもしれませんが、安定した収入があることも絶対条件です。

なにも勤め先のビジネスが将来的に安定しているかとか株価かどうだとかそういう面で判断するのではなく、とにかく「この人はお金を返してくれるか?」というところを信販会社は見ています。

ようはアルバイトをしていればOKです。
ふつうの学生であればアルバイトをしている人も多いでしょうし問題ありませんが、無職の場合には間違ってもウソの経歴で申し込まないようにしましょう。

「これからバイトする予定」という方は一度消費者金融へ相談してみましょう。
これから探すという段階であれば厳しいかもしれませんが、現在の貯金額によってはこの限りではありませんし、もう働く日まで決まっているのであれば可能性として充分あります。

CHECK!

軽視されがちですが、スマホの本体代金を分割で購入すると信用情報と紐づくようになります。毎月の携帯の料金を払わなかったり、期限を過ぎてから支払ったりすると信用情報に傷がついてしまいます。

携帯電話を自分の名義で契約している方は信販会社の審査にも影響するので、払い遅れや滞納には充分注意しましょう。

どうして親にバレないと言い切れるのか?

そもそも親にバレてしまうケースというのは大きく分けて2つです。

  1. カードローン会社から両親(自宅)へ電話がいってしまう。
  2. 郵送物(契約書や利用明細)が自宅へ届いてしまう。

これをどちらも回避することができる消費者金融があります。

まず1つ目の自宅への電話の回避方法ですが、あなたの携帯電話番号を正確に記入することで避けることができます。
連絡先(あなたの携帯電話番号)に繋がらなかった際に、緊急連絡先(自宅など)へ連絡がいってしまいます。

重要なのは2つ目で、契約書を受け取らないという選択肢はとれないので、郵送物が届かないようにするために自動契約機などで直接受け取り、利用明細はインターネットなどのWebで確認するような手続きをとることです。

必然的にWeb完結ができる会社は選ぶ必要が出てくるわけです。
これで親にバレることはありません。

あなたが消費者金融で作ったローンカードをリビングのテーブルの上に出しっぱなしでバレたというようなヘマをしない限りは…。

カードローンを選ぶときの2つのポイント

 

学生の場合は、大金を借りることもありませんし(ありませんよね!?)、それにともなって短期の借入に結びつきます。

他サイト等では「利子が低いところを選ぶべし!」と言及しているところが多かったですが、私の見解としては正直言って利子はあんまり気にしなくていいです。

これは知っておく必要があるわけではありませんが、消費貸借上の利息の契約は利息制限法という法律のもと、10万円以上100万円未満の場合は18%と定められています。

たとえば10万円借りたとして、ちょうど1ヶ月後に返済するのであれば、最高金利18%の適用で2,700円です。

友だちに「メシおごるからお金貸してくれない?」と頼んでも、10万円という大金はなかなか借りられませんし、お金を借りるときってとても切り出しづらいです。

誰にもバレず、お金を貸したことについてあとからネチネチ言われることがなくお金を借りることができるのであれば、正直安いものではないかと思います。

プロミスのように1ヶ月以内の無利息サービスを行っているキャッシング会社も良いかもしれませんね。

キャッシングを利用するのであれば最低限、以下の2点だけ意識しておいてください。

大手であること

これはトータル的な評価を見越してのことですが、数年後に影響を出さないためには大手の会社を選んでおくことがベストです。

どうしても審査が通らなく中堅などの独自審査を行っている会社へ行ってしまいがちですが、誠実に嘘偽りなく申し込みをしていれば、貸してくれるカードローン会社があるはずです。

私も経験していますが、審査を受けて落ちたあとに、同じような知名度の別のカードローン会社を受けて審査に通ったこともあります。

闇金と呼ばれるような違法金利や違法貸借、違法な取り立てを行う会社とは取引してほしくありません。

まずはテレビCMで観たことあるという会社を基準に選んでみることが良いでしょう。

WEB完結サービスがあること

「別に親や同居人にバレてもいいよ」という人は必須ではないのですが、そんな方は見たことも聞いたこともないので、まあほぼ必須条件と言っていいでしょう。

WEB完結サービスがあれば、契約書の郵送を避けることができますし、カードレス(ローンカードの発行なし)でお金を借りることができます。

ちなみに私はお金を借りる際にパソコンやスマホ等のインターネットで手続きをすることが面倒だったので、ローンカードを発行してコンビニなどのATMでお金を借りていました。

携帯の通信制限というのがあるのでインターネットの手続きで振込みということが煩わしい方は、ローンカードを発行するというのも手だと思います。

財布の中身を見られない限りバレることはありませんからね。

WEB完結のある大手キャッシング会社

プロミス

おすすめポイント

  1. はじめてなら30日間無利息
  2. 土日祝日でもキャッシングが可能
  3. 9:00~21:00の申込みで即日融資が可能
  4. 郵送物なし!WEB完結できるので家族や恋人にもバレない
  5. おまとめローンで複数社への返済を一つにできる
  6. 借入れ利率が最高で17.8%と低金利

プロミスは平日14時までのWEB契約完了で即日融資も可能です。
お金を借りるときは上限金利が適用されることも多いのですが、プロミスは他消費者金融と比べて低い利率を採用しています。
初めての方が利用できる無利息サービスがあるのですが、他社の無利息は「契約日の翌日から適用」されるのに対して、プロミスは「借入れ日の翌日」からの適用なんです!なので、いますぐお金を借りたいわけじゃないけど、何かあったときのためにキャッシングできる状態にしておきたいという方に最適なカードローンです。

実質年率 4.5%~17.8%※新規契約が対象
借入限度額 1万円~500万円
担保・保証人 不要
即日融資 可能

※30日の無利息期間はメールアドレスの登録とWEB明細利用の登録が必要です

プロミスの公式サイトはこちら

SMBCモビット

モビット

おすすめポイント

  1. 申込みから審査、融資までがすべてWEBで完結
  2. 電話連絡や郵送物がなし
  3. スマホでキャッシング可能

モビットには「WEB完結申込」というサービスがあり、三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに口座をお持ちであれば、契約書などの電子化により郵送物をなしにできたり、オペレーターなどと会話せずとも借りられる独自のサービスを持っています。
ほかにも「スマホATM取引」というスマホとATMで借入れから返済が行えるカードレスが実現でき、サービスも充実しております。
安定した収入があればアルバイトやフリーター、自営業の方も借入れを行うことが出来ます。

実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 1万円~800万円
担保・保証人 不要
即日融資 可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの公式サイトはこちら

最後になりますが、携帯電話を自分の名義で契約している方は信販会社の審査にも影響するので、払い遅れにはじゅうぶん注意しましょう。

-キャッシングに関するコラム

Copyright© 桃キャッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.